6m00への道。
~棒高跳選手・澤野大地の日常を日記形式で更新中!!~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
反省。
さて、やっと自分のことについて書きたいと思います。

まず結果として5m65で2年ぶり5回目の優勝だったわけですが、大事なアジア大会の代表選考がかかっていた日本選手権でちゃんと優勝できたことにホッとしています。去年は・・・ねぇ・・・そんなこともあり、とりあえず勝ててよかったです。

実は一週間前にアキレス腱を痛めてしまいました。歩くのも困難な状況でした。ただ原因が不明だったんです。走っているときにどうにかなったとか、外的な衝撃が加わったとかじゃなかったんです。

ある日の朝、起きたら痛かった。

去年、日本選手権4日前に腹痛を起こしているだけに、とても不安でした。でもとりあえずやるだけのことはやろうと、いろんなことをしてました。

練習以外はほぼ治療器(低周波みたいなもの)をアキレス腱につけたまま生活し、治療にも通い、自分で針も打ってました。(これはちゃんとした先生に教わってやったので、皆さんは真似しないように。)

前日の時点で正直痛みはまだ残っていました。ただ身体、精神ともに状態はとても良かったので、試合になれば何とかなるだろうと思って試合に挑みました。

試合当日。記録なしはできない。そして記録を出してやろうという気持ちはどんどん上がって、とりあえず5m50を一回目にクリアして優勝決定。アキレス腱は治療院の先生、トレーナーの方々のおかげで、何とか大丈夫でした。

今考えると、この時点で冷静さを失っていた気がします。要するに記録を出そうとする気持ちが強すぎて、それが調子の良さとも重なり、テンションが異常に高くなりすぎていました。また待ち時間の長さ、気温が高く湿度も高い、サウナのような中での試合に冷静な判断ができなくなっていました。

結局、細かいところを修正しきれず5m75を跳べずに競技終了。

75を跳べなかった原因はそこだと分析しています。まだまだメンタルが弱いということ。まだまだ勉強しなきゃいけないし、経験も必要ですね。ちょっと本格的にメンタル面でもトレーニングというか、そういった先生に相談に行こうとも思っています。足をつるということも含めて。


雨が降っていたにも関わらず、本当にたくさんの方に応援に来ていただいてありがとうございました。一人でも多くの人にサインや握手やそんな形でふれあえたらと思ってるんですが、なかなか時間も足りず、できなかった方には申し訳なかったです。またテレビでもたくさんの方に応援いただき、ありがとうございました。

今回の日本選手権は、選手も競技運営側もみんなで盛り上げようという気持ちがすごく強い試合になったなと思っています。こういった形でこれから先も続けていければ、もっと陸上ファンは増えてくれるだろうし、すでに陸上ファンの方たちにはさらに陸上が好きになってくれると信じています。


今朝、12月に行われるドーハアジア大会の日本代表が発表されました。無事に澤野も選ばれました。


次は7月14日、ローマゴールデンリーグです。この試合は昨年5m71を跳び2位に入った相性の良い試合です。今後はヨーロッパでの記録更新目指してがんばります!!


大阪世界陸上まで、あと418日。

スポンサーサイト
TOP
ただいま。
やっと家にたどり着きました・・・神戸から遠かったです・・・

たくさんのコメントありがとうございます。

とりあえず、寝ます。更新はまた明日。

おやすみなさい☆



じゃなかった!!今日はとても嬉しいことがあったんです!!日本選手権3日目の今日、男子走高跳の醍醐直幸選手が日本新記録、そして今季世界最高記録となる2m33の大ジャンプを見せてくれました♪

醍醐は高校時代からの友達で、よく一緒にご飯(ほぼ焼肉☆)に行くんです。先週も一緒にジンギスカン食べ放題にも行ってきました。

そんな醍醐が、ついに日本記録を出してくれました!

綱渡りのような試技内容だったんですが、跳んだ瞬間、鳥肌が立つと同時に、涙が止まりませんでした。

ここまでとても苦労をしてきた選手なんです。それを知っているだけに、すっごく嬉しくて嬉しくて。普通に泣いてました。

おめでとう!!醍醐ちゃん!!良かったね☆

あまりにも嬉しかったんで、自分のことの前に書いてしまいました。自分のことについては、また書きます。

今度こそ、おやすみなさい。


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。