6m00への道。
~棒高跳選手・澤野大地の日常を日記形式で更新中!!~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
第2次ヨーロッパ転戦総括
なんかいろいろあって、ゆっくり考えたりする時間なかったんですが(言い訳かな・・・)、ようやく気持ち的にも余裕できてきたんで、次のヨーロッパ遠征に飛ぶ前に前回の反省、総括します。

今回の試合結果は、

5m62、5m63、記録なし、記録なし。

こうやって書くととても情けない結果です。悲しくなりますね。

ただ今回の遠征は結果じゃないところでの経験が、自分自身の経験値がすっごく上がったきがします。

先にも書いたようにホームステイや移動のハプニング等々、日本にいたら絶対に経験できない経験をしてくることができました。

自分の経験値を上げる。

これは、例えばメダルとか6m00とか目指している上で、必要不可欠要素として僕は認識しています。

様々な経験をしていくことにより、選手としての余裕というか幅が広がるというか、ここぞってときにピットに立った自分の心の中を自分自身でコントロールできるようになると思うんです。

ってゆーか、絶対にそうだって僕は認識しています。


またもう一つ、今年の目標の一つでもあるワールドアスレティックファイナル(グランプリファイナル)に出場するために、ヨーロッパでの試合をたくさんこなしています。

ワールドアスレティックファイナルとは、年間を通して行われるIAAF(国際陸連)主催の試合(IAAF Athletics Tour)で獲得していくポイントがあり、そのポイント獲得者各種目上位8名だけが出場できるとっても出場すること自体が難しい試合なのです。

一昨年、為末大選手がトラック種目では日本人として初めて、室伏広治選手も何年か前に出場しています。

もし出場となれば日本人跳躍選手としては初めてになります。

去年から出たくて狙っている試合です。


選手としての幅を広げ、奥を深め、視野を広げていくためのたった一人のヨーロッパ転戦。

すべては来年の大阪世界陸上、2008年北京オリンピックのために。

そんなこと考えてウェイトガンガン追い込んどきました☆
背中。




スポンサーサイト
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。