6m00への道。
~棒高跳選手・澤野大地の日常を日記形式で更新中!!~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
出発。
こんなに緊張し、怖かった日本選手権は過去にありませんでした。

春先は5m60からスタートするのが当たり前なくらい調子が良かったのに、大阪GPのあとに感覚がズレてしまい、5~6月の海外遠征は散々なものになってしまいました。

帰国後、コーチといろいろ確認し、他にもいろんな人に話を聞き原因を探りました。

日本選手権はなんとしてでも勝たなければいけない、絶対に失敗は出来ない試合。

だから何が何でも、何があろうと、なんとかしなければいけなかった。

幸い、原因は帰国後すぐに、はっきりとしました。

それを修正すべく、一日の寝ているとき以外はすべての時間を費やすつもりで集中しました。

元に戻すために。

勝つのが当たり前、普通にやれば勝てる、と信じようとしても、どうしても海外遠征時での5m30しか跳べなかった事実が頭に思い浮かんでしまいました。でも今出来る事・やらなければならないことを、とにかく一生懸命に努力しました。

毎日毎日、地道に、コツコツと。

そんな感じで迎えた日本選手権。当日までにはある程度、戻ってきてはいました。でも、跳ぶまでわからない。しかも出場者33人の超大人数な試合。

試合が始まって、自分が跳ぶ高さに上がるまで4時間かかりました。以上に蒸し暑い競技場の中で4時間。尋常じゃなかったです。

5m50を一本目でクリアできたとき、本当にホッとしました。これでもう大丈夫。緊張・恐怖、そんなものから一気に解放。

5m65に上がってから、手拍子を求めると、競技場全体のお客さんがそれに応えてくれ、僕にパワーをくれました。本当に嬉しかったし、楽しかった。

残念ながらあまりいい記録ではなかったけれど、応援してくれた皆さんと一緒に跳べたことが最高でした。


もう本番まで2ヶ月を切りました。

本当にメダルが欲しい。

そのために、全身全霊を込めて本番にぶつけます。

明るく、元気よく、大地らしく☆

そこにみんなから応援という最強のパワーもらって、僕は高く跳びます☆


さて、明日からヨーロッパへ行ってきます。いい感触をつかんでいるので、是非向こうでしっかりと跳んできたいと思います。

一試合目は7月10日にローザンヌ(スイス)です。

行ってきます☆


大阪世界陸上まで、あと51日。



スポンサーサイト
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。